くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

薄毛

発毛剤ザガーロとは 飲み薬としての生える効果と副作用について

投稿日:

 

 

薄毛の原因はさまざまで、その原因によって改善するための方法もいろいろあります。

 

なのである人にはすごく改善した方法も別の人に効果的かどうかはわからないでしょう。

 

原因を特定できた場合で男性型脱毛症である場合は医療機関でも治療ができます。

 

発毛剤ザガーロとは 飲み薬としての生える効果と副作用について紹介します。

 

スポンサーリンク

発毛剤ザガーロとは

 

日本では2016年6月より販売されている、薄毛の時に使われる薬である「ザガーロ」。

 

ザガーロの名前の由来は「最後の男性型脱毛症の砦」です。

 

この薬剤にはジェネリック医薬品が発売されていませんから薬剤費を抑えることができません。

 

インドではジェネリック医薬品が発売されていますが、日本では正式には認可されていません。

 

ザガーロの成分名はデュタステリドです。

 

男性型脱毛症(AGA)は、成人男性でよくある髪が薄くなる状態のことをいいます。

 

その主な原因は男性ホルモンにあり、髪の育ち方のサイクルにおいてDHT(ジヒドロテストステロン)が成育を妨げることが原因と考えられています。

 

DHTは5α-還元酵素という酵素がテストステロンに働いて作りだされるものです。

 

つまりはDHTを減らすことができれば薄毛の進行を止めることができるのです。

 

AGAの進行はゆっくりなので、早めに対応することが必要になります。

 

ザガーロは男性ホルモンのテストステロンをDHTに変える5α-還元酵素Ⅰ型と5α-還元酵素Ⅱ型という酵素の働きを阻害してDHTの生成を阻害します。

(プロペシアは5α-還元酵素Ⅱ型のみです。)

 

その結果、髪の毛の成長期が長くなり、細くて短い毛髪が長くて太い毛髪に変化します。

 

 

 

禁忌

1)本剤の成分及び他の5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者

 

2)女性

(動物実験で雄胎児の外生殖器に影響が見られ、男性胎児の外生殖器の発達を阻害する可能性が示唆された)

(乳汁中に移行するかは不明である)

 

3)小児等(小児等に対する適応はなく、安全性及び有効性は確立されていない)

 

4)重度の肝機能障害のある患者

 

 

 

用法用量

男性における男性型脱毛症

男性成人には、通常、デュタステリドとして0.1mgを1日1回経口投与する。

なお、必要に応じて0.5mgを1日1回経口投与する。

 

食事の有無にかかわらず服用が可能である。

 

剤型

錠剤

ザガーロカプセル0.1mg 自由に設定/1cap

ザガーロカプセル0.5mg 自由に設定/1cap

 

男性に対する男性型脱毛症のみの適応で他の脱毛症には適応がない。

 

20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。

 

投与開始後12週間で改善がみられる場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヶ月の治療が必要である。

 

また、効果を持続させるためには継続的な服用が求められる。

スポンサーリンク

 

本剤を6ヶ月以上投与しても改善が見られない場合は使用を中止すること。

 

効果が認められ6ヶ月以上投与する場合でも定期的に効果を確認し、継続投与の是非について検討すべきである。

 

本剤のカプセルを噛んだり開けたりなどせずに服用すること。(口腔咽頭粘膜を刺激する場合がある)

 

本剤は血清前立腺特異抗原(PSA)に影響を与えるので、前立腺がんなどの検査に際しては注意し、服用を医師に知らしめること。

 

本剤は経皮吸収されることから、女性や小児はカプセルからもれた薬剤に触れないように注意すること、触れた場合には、直ちにせっけんと水で洗うこと。

 

 

 

慎重投与

肝機能障害のある患者(本剤は主に肝臓で代謝されるが、肝機能障害のある患者に投与した場合の安全性は確認されていない)

 

肝臓などに存在するCYP3A4という酵素を阻害する作用を有するものとの併用で本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。

*CYP3A4阻害作用を有するもの

リトナビル(ノービア)

インジナビル(クリキシバン)

クラリスロマイシン(クラリシッド、クラリス)

エリスロシン(エリスロシン)

イトラコナゾール(イトリゾール)

ベラパミル(ワソラン)

ジルチアゼム(ヘルベッサー)

など

 

飲み薬としての生える効果

 

プロペシア(5α-還元酵素Ⅱ型のみ)に比べてザガーロは5α-還元酵素Ⅰ型と5α-還元酵素Ⅱ型の両方ともに阻害作用を示します。

 

薄毛に対して両者を比較した試験では、ザガーロの方が効果があったとのデータがみられます。

 

また、プロペシアが主に頭頂部に発毛効果があるのですが、ザガーロは前頭部にプロペシアよりも効果がみられるとの情報もあります。

 

治療にあたり各個人で効果があるかどうかのAGA遺伝子検査を受ける必要があります。

 

場合によっては、薬の効果が出にくい場合もありますので、できれば事前に検査することをおすすめします。

 

その検査は男性ホルモンのアンドロゲンレセプターに関わる遺伝子を調べて、AGAを発症しやすい体質なのかを調べる検査です。

 

結果が判明するのに1ヶ月くらいかかります。

 

ザガーロには円形脱毛症や薬物による脱毛には適応がありません。

 

そして小児等や女性には使えません。

 

副作用について

 

主な副作用は、勃起不全(10.8%)、リビドー減退(8.3%)、射精障害(4.2%)などである。(薬品承認時)

(リビドーとは抑えきれない性的欲求のようなものを指しています)

 

その他の副作用は、発疹、頭痛、抑うつ気分、女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感、腹部不快感などがあります。

 

重大な副作用(きわめてまれに)

肝機能障害、黄疸

 

まとめ

 

成人男性の男性型脱毛症の進行遅延にザガーロは効果があります。

 

ザガーロはプロペシアよりも効果があるとの報告があります。

 

事前に男性ホルモンのアンドロゲンレセプターに関わる遺伝子を調べて、AGAを発症しやすい体質なのかを調べれば、薬の投与で効果が出やすいのかを知る決め手になります。

 

できれば確認される方がいいでしょう。

 

経験豊富な専門の医師ならそれを見通せるのかもしれませんけどね。

 

副作用では勃起不全(10.8%)、リビドー減退(8.3%)、射精障害(4.2%)などが出るかもしれません。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-薄毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

発毛剤プロペシアとは 飲み薬としての生える効果と副作用について

  スポンサーリンク   薄毛の原因はさまざまで、その原因によって改善するための方法もいろいろあります。   なのである人にはすごく改善した方法も別の人に効果的かどうかは …

発毛剤リアップとは 塗り薬としての生える効果と副作用について

  スポンサーリンク   薄毛の原因はさまざまで、その原因によって改善するための方法もいろいろあります。   なのである人にはすごく改善した方法も別の人に効果的かどうかは …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。