くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

薄毛

発毛剤プロペシアとは 飲み薬としての生える効果と副作用について

投稿日:

 

 

薄毛の原因はさまざまで、その原因によって改善するための方法もいろいろあります。

 

なのである人にはすごく改善した方法も別の人に効果的かどうかはわからないでしょう。

 

原因を特定できた場合で男性型脱毛症である場合は医療機関でも治療ができます。

 

発毛剤プロペシアとは 飲み薬としての生える効果と副作用について紹介します。

 

スポンサーリンク

発毛剤プロペシアとは

 

日本では2005年12月より販売されている、薄毛の時に使われる薬である「プロペシア」。

 

この薬剤にはジェネリック医薬品が発売されていますから薬剤費を抑えることができます。

 

ジェネリック医薬品にすれば半額くらいにはなるかもしれませんが、処方してもらうところでまちまちなのでなんとも言えないのです。

 

自由診療ですから値段は自由に設定可能なのです。

 

まあ、とは言っても無茶苦茶なことはしないでしょうから、少しは安くなるものと思います。

 

プロペシアの成分名はフィナステリドです。

 

男性型脱毛症(AGA)は、成人男性でよくある髪が薄くなる状態のことをいいます。

 

その主な原因は男性ホルモンにあり、髪の育ち方のサイクルにおいてDHT(ジヒドロテストステロン)が成育を妨げることが原因と考えられています。

 

DHTは5α-還元酵素という酵素がテストステロンに働いて作りだされるものです。

 

つまりはDHTを減らすことができれば薄毛の進行を止めることができるのです。

 

AGAの進行はゆっくりなので、早めに対応することが必要になります。

 

プロペシアは男性ホルモンのテストステロンをDHTに変える5α-還元酵素Ⅱ型という酵素の働きを阻害してDHTの生成を阻害します。

 

その結果、髪の毛の成長期が長くなり、細くて短い毛髪が長くて太い毛髪に変化します。

 

 

 

禁忌

1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

 

2)妊婦または妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人

(本剤の作用により男性胎児の生殖器官などの正常発育に影響を及ぼす可能性がある。本剤がヒト乳汁に移行するかは不明である。)

 

 

 

用法用量

男性における男性型脱毛症の進行遅延

男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。

なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。

 

食事の有無にかかわらず服用が可能である。

スポンサーリンク

 

剤型

錠剤

プロペシア錠0.2mg 自由に設定/1錠

プロペシア錠1mg 自由に設定/1錠

 

男性に対する男性型脱毛症のみの適応で女性には効果がない。

 

20歳未満でも安全性及び有効性は確立されていない。

 

3ヶ月の連日投与でも効果がみられる場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヶ月の連日投与が必要である。

 

また、効果を持続させるためには継続的な服用が求められる。なお、増量による効果の増強は認められていない。

 

本剤を6ヶ月以上投与しても改善が見られない場合は使用を中止すること。

 

効果が認められ6ヶ月以上投与する場合でも定期的に効果を確認し、継続投与の是非について検討すべきである。

 

本剤を粉砕などしないこと、特に妊婦などにはコーティングがとれた状態のものを暴露させないように注意すること。

 

 

 

慎重投与

肝機能障害のある患者(本剤は主に肝臓で代謝されるが、肝機能障害のある患者に投与した場合の安全性は確認されていない)

 

一般的に高齢者では生理機能が低下している場合が多いので注意すること。

 

小児などに対する適応はない。(小児などに対する安全性は確立していない)

 

飲み薬としての生える効果

 

各個人により、効果があるかどうかの遺伝子検査を受ける必要があります。

 

場合によっては、薬の効果が出にくい場合もありますので、できれば事前に検査することをおすすめします。

 

その検査は男性ホルモンのアンドロゲンレセプターに関わる遺伝子を調べて、AGAを発症しやすい体質なのかを調べる検査です。

 

結果が判明するのに1ヶ月くらいかかります。

 

プロペシアは軽度から中等度の薄毛の人に対しては、半数以上の人に効果が認められたとの報告があります。

 

50代よりも、30~40代の人の方が効果が高いようです。

 

円形脱毛症や女性の薄毛には適応がありません。

 

副作用について

 

主な副作用は、リビドー減退(1.1%)、勃起機能不全(0.7%)などである。(薬品承認時)

(リビドーとは抑えきれない性的欲求のようなものを指しています)

 

その他の副作用は、射精障害、精液量減少などがあります。

 

重大な副作用(きわめてまれ)

肝機能障害

 

まとめ

 

成人男性の男性型脱毛症の進行遅延にプロペシアは効果があります。

 

事前に男性ホルモンのアンドロゲンレセプターに関わる遺伝子を調べて、AGAを発症しやすい体質なのかを調べれば、薬の投与で効果が出やすいのかを知る決め手になります。

 

できれば確認される方がいいでしょう。

(経験豊富な専門の医師ならそれを見通せるのかもしれませんけどね)

 

50代よりも30~40代の男性の方が効果がみられたとの報告があります。

 

副作用ではリビドー減退(1.1%)、勃起機能不全(0.7%)などが出ることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-薄毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

発毛剤リアップとは 塗り薬としての生える効果と副作用について

  スポンサーリンク   薄毛の原因はさまざまで、その原因によって改善するための方法もいろいろあります。   なのである人にはすごく改善した方法も別の人に効果的かどうかは …

発毛剤ザガーロとは 飲み薬としての生える効果と副作用について

  スポンサーリンク   薄毛の原因はさまざまで、その原因によって改善するための方法もいろいろあります。   なのである人にはすごく改善した方法も別の人に効果的かどうかは …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。