くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

水虫

水虫の塗り薬ラミシールとは 薬としての効果と副作用について

投稿日:

 

 

水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に感染して起こる感染症です。

 

最近では男性ばかりでなく女性も仕事で1日中、靴を履いたまま過ごすことが増えたため、女性も水虫に悩む人が多いようです。

 

街中の薬局で薬を購入することもあるでしょうが、処方箋で出される薬にはどんなものがあるのでしょうか。

 

水虫の塗り薬ラミシールとは 薬としての効果と副作用について紹介します。

 

スポンサーリンク

水虫の塗り薬ラミシールとは

 

日本では1993年9月より販売されている、アリルアミン系の抗真菌薬の塗り薬の1つである「ラミシール」。

 

ジェネリック医薬品は発売されていますので、薬の負担を減らすためにジェネリック医薬品を選択することができます。

 

ラミシールの成分名はテルビナフィンである。

 

白癬菌は手や体にも感染しますが、9割ほどは足に感染します。

 

それは、白癬菌が繁殖しやすい環境に足がなりやすいことが原因です。

 

足は靴を長時間履くなどして高温多湿な環境になることが多いからです。

 

水虫になるには、他の人の白癬菌に触れ、その上で皮膚のバリアが傷ついているところから侵入し、なおかつ、繁殖しやすい高温多湿で菌の好む栄養源がある状態である必要があるようです。

 

足指の間や足の裏に感染すれば足水虫(足白癬)、足の爪に感染すれば爪水虫(爪白癬)、陰部に感染すればインキンタムシ(陰部白癬)、頭部に感染すればシラクモ(頭部白癬)と言います。

 

ほぼ9割は足水虫と言えます。

 

水虫の症状としては、水ぶくれができるか白くジクジクした状態になったりして、ひどくなるとかゆみがでてくるもの、または、かかとなどがひび割れるような、あまりかゆみをともなわないものなどがあります。

 

水虫と言えば、かゆいと思いがちですが、実は、かゆみがない水虫の方が多いそうです。

 

水虫の治療には、原因となる真菌を排除することが、まず考えられます。

 

かゆみなどの症状がある場合は、かゆみ止めなども処方されることがあるようです。

 

ただ、ステロイド系は感染症を悪化させるため、真菌がいる場合は使用はできません。

 

ラミシールは、水虫の治療で良く使われる組織移行性がよくて効き目のよい塗り薬の抗真菌薬で、真菌を殺菌することで真菌感染症を改善することになります。

 

 

 

禁忌

本剤に対して過敏症の既往歴のある患者

 

 

 

用法用量

皮膚糸状菌による、足白癬、股部白癬(いんきんたむし)、体部白癬など。

1日1回患部に塗布(または噴霧(スプレー))する。

 

剤型

クリーム剤

ラミシールクリーム1%              32.40円/1g

スポンサーリンク

外用液剤

ラミシール外用液1%              32.40円/1g(1997年7月販売開始)

外用スプレー剤

ラミシール外用スプレー1%           50.70円/1g(2003年7月販売開始)

 

 

 

使用上の注意

妊婦または妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用すること。

 

低出生体重児、新生児に対する安全性は確立されていない。(使用経験が少ない)

 

眼科用として角膜、結膜には用いないこと。誤って眼に入った場合はすぐに流水ですすぐこと。

 

著しいびらんには使用しないこと。

 

点鼻用として鼻腔内には使用しないこと。(スプレー)

 

吸入する可能性のある患部(顔面、頭部など)には注意して使用すること。(スプレー)

 

薬としての効果

 

ラミシールはアリルアミン系で真菌細胞内への移行性に優れ、少量で強い抗菌活性を示します。

 

良好な皮膚貯留性から1日1回の塗布で済みます。

 

患部の状態や使い勝手に応じて、クリーム剤、液剤、スプレー剤を使い分けることになります。

 

クリーム剤は徐々に薬剤を放出し持続性があります、外用液やスプレーはすぐに効きますが持続性はそれほどないです。

 

外用液やスプレーは浸透力が強いので、皮膚が厚く角質化している患部に適しますが、刺激が強いのが欠点で湿潤しているところなどは避ける方がいいかもしれません。

 

クリーム剤は逆に湿潤している患部などに使う方が適しているでしょう。

 

副作用について

 

主な副作用としては、接触性皮膚炎、刺激感、発赤、そう痒などである。

 

その他の副作用としては、紅斑、鱗屑、落屑、皮膚亀裂などです。

 

まとめ

 

ラミシールはアリルアミン系で真菌細胞内への移行性に優れ、少量で強い抗菌活性を示します。

 

良好な皮膚貯留性から1日1回の塗布で済みます。

 

患部の状態や使い勝手に応じて、クリーム剤、液剤、スプレー剤を使い分けることになります。

 

クリーム剤は徐々に薬剤を放出し持続性があります、外用液やスプレーはすぐに効きますが持続性はそれほどないです。

 

外用液やスプレーは浸透力が強いので、皮膚が厚く角質化している患部に適しますが、刺激が強いのが欠点で湿潤しているところなどは避ける方がいいかもしれません。

 

クリーム剤は逆に湿潤している患部などに使う方が適しているでしょう。

 

ラミシールには内服薬もありますが塗り薬で済む場合は、使用を控える方がいいかもしれません。

 

主な副作用としては接触性皮膚炎、刺激感、発赤、そう痒などです。

 

塗り薬ですから、局所に適用するだけなので、これといった副作用がないので安心ですが、人によってはかぶれなどが起きるかもしれません。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-水虫

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

水虫の塗り薬アトラントとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に感染して起こる感染症です。   最近では男性ばかりでなく女性も仕事で1日中、靴を履いたまま過ごすことが増えた …

水虫の塗り薬フロリードDとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に感染して起こる感染症です。   最近では男性ばかりでなく女性も仕事で1日中、靴を履いたまま過ごすことが増えた …

水虫の塗り薬マイコスポールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に感染して起こる感染症です。   最近では男性ばかりでなく女性も仕事で1日中、靴を履いたまま過ごすことが増えた …

水虫の治療薬ラミシールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に感染して起こる感染症です。   最近では男性ばかりでなく女性も仕事で1日中、靴を履いたまま過ごすことが増えた …

水虫の塗り薬アデスタンとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に感染して起こる感染症です。   最近では男性ばかりでなく女性も仕事で1日中、靴を履いたまま過ごすことが増えた …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。