くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

痛風

痛風を予防するためには 生活習慣をどうすればいい 薬の必要性は

投稿日:

 

 

生活習慣病である痛風は尿酸が体の中に溜まりすぎると起きる可能性が高くなります。

 

痛風の激痛は誰もが避けたいことですから生活習慣を改めることができれば薬のお世話にならなくて済むのかを知りたいですよね。

 

痛風を予防するためには 生活習慣をどうすればいい 薬の必要性はどこまでなのかを解説します。

 

スポンサーリンク

痛風を予防するためには

 

痛風は血液中の尿酸濃度が上昇し、それが結晶となって析出することで激しい痛みを生じる疾患となります。

 

痛風が起きる前には、血液の尿酸値が高い状態が続くことになり、この状態のことを高尿酸血症と呼びます。

 

通常、尿酸は体の新陳代謝によってつくりだされ、排泄との兼ね合いで一定の量が体内に保たれていますが、何らかの原因で過剰に体内に溜まるようになると高尿酸血症になるのです。

 

突然起こる激痛は、白血球が異物として尿酸結晶を攻撃したことから生じます。

 

高尿酸血症の状態が続くと結晶化した尿酸が体の組織に付着します。

 

このままでは問題はないのですが、それが組織から剥がれ落ちたときに、体は異物としてその結晶を認識します。

 

すると好中球などの白血球がその結晶を取り込んで分解しようとしますが。

 

分解できずに、大量の炎症性のタンパク質などを放出することになります。

 

この放出された炎症性のタンパク質(プロスタグランジン、ロイコトリエン、サイトカイン)が炎症を起こし激痛や腫れや発熱となり痛風発作としてあらわれます。

 

生活習慣をどうすればいい

 

痛風を予防するには体の中に尿酸を溜めないことが重要なのはわかりましたが。

どのようにすればいいのでしょう。

 

生活習慣病と呼ばれる痛風は、現代人の生活の仕方により出てきた病気だと言えます。

 

なので、生活習慣をある程度改めれば、痛風のリスクから解放されるように思われます。

 

注意点を箇条書きにしてみます。

 

 

1)太っている人は減量する。

 

太ると尿酸が増えるようです。肥満になるとインスリンが余りがちになって尿酸の排泄を邪魔するようです。

月に1~2kgのペースで減量をしましょう、急激にはだめです。

急激に減らし過ぎると尿が酸性に傾きやすくなるので注意です。尿酸は排泄されにくくなります。

 

 

2)1日にとる総エネルギー量を減らす。

 

1日に必要なカロリーに注意して食べるようにしましょう。

カロリー過多で肥満になりえますから。

 

 

3)早食い、ドカ食い、ながら食いは止めましょう。

 

普段からゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。

食べ過ぎないように、食べ方にも注意しましょう。

 

 

4)夜遅い時間の食事は控えめにする。

 

夜は体に溜めこみやすい時間帯なので、肥満を予防する意味でも控えめにしましょう。

 

 

5)プリン体にばかり気を取られずに、栄養バランスと食べ過ぎに気を付ける。

スポンサーリンク

 

食物などのプリン体はそれほど影響しないので、栄養バランスのことを重視しましょう。

乳製品は尿酸の排泄作用があるとの報告がありますので、ヨーグルトなども食べましょう。

 

 

6)塩分を控える。

 

摂りすぎると腎臓に負担がかかり、尿酸の排泄を低下させるおそれがあります。

 

 

7)果糖を控える。

 

果糖には代謝の過程で尿の酸性化をもたらす乳酸の生成を促進させる場合があり、尿酸の排泄などを阻害し、血清尿酸値を上げることがあります。

甘いジュースなどの飲み過ぎには注意しましょう。

 

 

8)お酒との付き合い方を考える。

 

ビールは言うまでもなく、他のアルコールについても控えるようにしましょう。

アルコールは体内で分解されるときに尿酸をつくりだしますし、果糖と同じように乳酸の生成過多のために、尿酸の排泄を阻害したりします。

お酒が飲めないとかで、ストレスがかかってしまうと、元も子もないのでほどほどにしましょう。

 

 

9)水分の摂り方を考える。

 

糖分の入ったもの(甘いジュースや炭酸飲料など)は極力避けて、お茶や軟水で摂るようにします。

1日2リットルを目安にしましょう。

 

 

10)尿の酸性化を改善する。

 

尿酸が排泄されにくくなるので、尿を少しでもアルカリ性に傾けるようにしましょう。

野菜や海藻、大豆などがおすすめです。

 

 

11)正しい運動をとりいれよう。

 

激しい運動は禁物です、無酸素運動では尿酸が増えます。

ゆっくり息をしながらの有酸素運動をとりいれよう。

 

 

12)上手なストレス解消法を見つけよう。

 

ストレスからも痛風になりやすいということは、よくいわれることです。

なにか、ストレス解消になることを見つけましょう。

歌が好きな人はカラオケとかね。

 

薬の必要性はどうなの

 

突然の発作が出たときなどは、その発作を治めた上でタイミングをみて薬物療法に頼ることが必要かもしれません。

 

でも、まだ発作が出ていないのなら、薬に頼らずに生活習慣を見直して、尿酸値を下げることに努められた方がいいでしょう。

 

現代病である痛風は、自らの生活習慣からもたらされていることがあると思えます。

 

中には遺伝的に尿酸を溜めやすい体質というものもあるのかもしれませんが。

 

まずは、できるだけご自身で食生活などの生活習慣を見直すように努めましょう。

 

美味しいものを食べれない、うまい酒がたらふく飲めないなど辛い部分もあるかもしれませんが。

 

そういうものを飲食できなかった時期も以前はあったんですから。

 

無くても十分生きていけます。

 

病気のためには節制するようにしましょう。

 

あらゆる手段を講じても、なお、尿酸値が高いままならば、薬物療法を考えるようにしましょう。

 

そして、薬物療法を始めたから大丈夫と勝手に思って、好き放題に飲食するのは止めましょう。

 

それでは治療している意味がなくなります。

 

まとめ

 

痛風は生活習慣病です。

 

各人の日々の生活を見直すことでも改善は見込める可能性があります。

 

現代人の生活には誘惑が多くて、どうしても食べ過ぎ飲み過ぎになりがちですが、それぞれの努力で痛風のリスクから逃れるようにしましょう、できれば薬に頼らないやり方でね。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-痛風

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

痛風発作治療薬ニフランとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生活習慣病の痛風の治療において痛風発作である痛みがでたときに使用されるニフラン。   痛風発作を応急的に抑えるには良い薬ですが、根本的に治す薬で …

痛風治療薬ユリノームとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生活習慣病の痛風の治療において尿酸の排泄を促進することで痛風を改善するために出されるユリノーム。   痛風の原因である尿酸を尿中にたくさん排泄す …

痛風治療薬ベネシッドとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生活習慣病の痛風の治療において尿酸の排泄を促進することで痛風を改善するために出されるベネシット。   痛風の原因である尿酸を尿中にたくさん排泄す …

痛風のメカニズムとは ビールとウイスキーの違いは 食べ物はどうなの

  スポンサーリンク   生活習慣病である痛風は尿酸が体の中に溜まりすぎると起きる可能性が高くなります。   尿酸が増える原因はいろいろで、人によって何を改善したらいいの …

痛風治療薬フェブリクとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生活習慣病の痛風の治療において尿酸の生成を抑制することで痛風を改善するために出されるフェブリク。   痛風の原因である尿酸の生成を抑制することで …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。