くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

ニキビ

ニキビの状態を知る 市販薬を選択するポイントと注意すべき点について

投稿日:

 

 

ニキビは誰もが経験する身近な皮膚の疾患です。

 

若いころに発症することが多いので「青春の象徴」と呼ばれ、憂鬱になることもあります。

 

ちょっとしたニキビなら市販薬を使うことで待ち時間の長い医院などに並ぶことなく済ませたいですね。

 

ニキビの状態を知る 市販薬を選択するポイントと注意すべき点について解説します。

 

スポンサーリンク

ニキビの状態を知る

 

ニキビとは、おでこ、頬、口のまわり、下あご、背中や胸の中央など皮脂分泌量の多い皮膚に生じる発疹で、面皰(めんぽう)と呼ばれる毛穴に角質や皮脂がつまった皮疹のことをいいます。

 

にきびができる原因は諸説がありますが、詳細は解明されていない。

 

毛穴が男性ホルモンと細菌(皮膚常在菌:アクネ菌)と皮脂との相互作用で炎症を起こすという説が有力とされています。

 

ニキビの状態を知ることは治療するのに必要なことです。

 

皮膚科にかかろうが、市販薬などでなんとかしようとする場合でも必要です。

 

状態を知るには、年齢によるものと、病状の進行具合によるものがあります。

 

 

*年齢でとらえると、

10~20歳代に多くみられる「思春期ニキビ」と30歳代以降の「大人ニキビ」にわかれます。

 

1)「思春期ニキビ」は若いころ特有のホルモンバランスの変化がもたらすニキビです。

男性ホルモンの分泌量が急激に増えることで皮脂の分泌が活発になることが主な原因になります。

皮脂腺が多いTゾーンのあたりにアクネ菌が増殖してできるのが特徴になります。

このタイプなら皮脂対策とアクネ菌対策を中心に治療を考えていくことになります。

 

2)30歳代以降の「大人ニキビ」の場合は、フェイスラインやあごに何度も繰り返しできるパターンになります。

原因にはストレスによりホルモンバランスが乱れたり、肌の乾燥、睡眠不足、食生活の偏りなど、さまざまな要素がかかわってきます。

このタイプの場合は、皮脂対策やアクネ菌対策だけでは十分でなく、乾燥対策やストレス対策、食生活の改善なども見据えていく必要があります。

 

 

 

*ニキビの進行具合でとらえると、

初期段階のものから、進行してしまった重症なものまで、大きくは4つに分けることができます。

 

1)白ニキビ

毛穴の中に皮脂が詰まった状態のもので、ニキビの初期段階のものになります。

皮脂の過剰分泌だけでなく、ターンオーバーの乱れやメイクの汚れなどが原因となっています。

 

2)黒ニキビ

毛穴の中に詰まった皮脂が酸化して、黒くなった状態のものをいいます。炎症が起きる前の段階です。

 

3)赤ニキビ

黒ニキビの次の段階で、アクネ菌の増殖などで炎症を起こし、赤くなったニキビです。

炎症をまずしずめる必要があります。

 

4)黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化して、膿が溜まって黄色いニキビになります。

この辺になると、下手にさわらずに皮膚科の専門医に頼るのが得策のように思えます。

 

 

市販薬を選択するポイント

 

今の時点のニキビの状態をある程度把握すれば、どういう方向性で治療すればいいのかが大体見えてきます。

 

生兵法は大怪我の基なのですが、忙しくて医者にもかかる暇がないとか、受診するのが休み明けになるとか、長い時間医院などで並ぶのがうっとおしいとかいう場合には、少しでも何とかしたいと思うのは人情ですね。

 

そのときの治療にどう対処すればいいかを説明します。

 

まあ、治れば儲けものですからね。

スポンサーリンク

 

まずはニキビの進行具合で白・黒・赤・黄のどの状態であるかを見極めます。

 

あとは年齢の問題で、若い場合は乾燥にはそれほど心配がいらないが、脂性肌でありがちなのが心配です。

 

30歳を超えてくると、乾燥にも注意しつつ、ストレスや食事もより注意する必要があります。

 

 

市販薬の薬の選択の仕方ですが、

 

*年齢が若い場合は、保湿よりも皮脂のケア重視ですね、まだ肌にも弾力性がありますので炎症の具合と皮脂分泌の程度で判断しましょう。

 

<ビフナイト>

皮脂の吸収と炎症を抑える働きがあります。白・黒・赤ニキビのケアに効果的です。イオウが入っていて脂性肌の人に向いてます。乾燥肌の人にはおすすめできません。

 

<アンナザルベエース>

皮脂の吸収と炎症を抑える働きがあります。白・黒・赤ニキビのケアに効果的です。イオウが入っていて脂性肌の人に向いてます。乾燥肌の人にはおすすめできません。

 

 

*大人ニキビの場合は乾燥にも注意しつつ、ストレスや食事もより注意する必要があります。あとは進行具合で判断しましょう。

 

<アクネス25>

炎症を抑えてくれる働きがあるので、赤ニキビや黄ニキビのケアにおすすめです。

保湿成分のスクワランが使用後の肌の乾燥をカバーしてくれそうなので乾燥肌の方には最適です。

無香料・無着色・弱酸性なので敏感肌の方にもいいです。

 

<クレアラシル オトナ用>

炎症を抑える作用があるので、赤ニキビや黄ニキビのケアにおすすめです。

ビタミンCも配合されていて美白効果でニキビ跡ができにくくなりそうなのがうれしいですね。

保湿効果もあるので大人ニキビには良いでしょう。

 

<オロナイン>

ニキビ治療薬ではないですが、抗炎症成分が入っているので赤ニキビのケアにはおすすめです。ワセリンやオリーブ油で肌の乾燥を防いでくれるので乾燥肌に使えます。

脂性肌には不向きです。

 

<ペアアクネクリーム>

炎症を抑える作用があるので赤ニキビのケアにおすすめです。白ニキビのケアにも効果的なので、炎症ニキビに悪化させずに治すことができます。

アルコールが入っているので、敏感肌の人は注意しましょう。脂性肌にも使えます。

 

<ピンプリット>

皮脂の吸収と炎症を抑える働きがあります。白・黒・赤ニキビのケアに効果的です。イオウは皮脂をとってくれますが乾燥の心配もあります。

そのためにヒアルロン酸ナトリウムが配合されていて使用後の乾燥をカバーすることができて少しくらいなら乾燥肌にも使えそうです。

また、無香料弱酸性なのでお肌にやさしくて敏感肌にもよさそうです。

 

 

 

若い人にも30歳以上の方でも黄ニキビなどに効果的な薬。

 

<テラ・コートリル>

炎症を抑える力が市販薬では一番なので、ニキビの中でも悪化している黄ニキビに効果的です。

ただ、ヒドロコルチゾンというステロイド(弱め)が配合されているので肌への影響も出やすいので注意が必要です。

白・黒ニキビには向いていません、敏感肌の人も注意が必要です。

 

 

注意すべき点について

 

テラ・コートリルは殺菌作用や抗炎症作用が強いので、黄ニキビなどに効果的ですが、白・黒ニキビに使うと皮膚の常在菌まで殺菌してしまい肌トラブルの原因になります。

 

また、弱い目とはいえステロイドが入っているので副作用が出る確率は高い方です。

 

諸刃の剣になりえるので注意して使いましょう。

 

ニキビの状態や年齢に注意して、適した薬剤をチョイスするようにしてください。

 

まとめ

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いを把握し、かつニキビの進行具合で適切な市販薬をチョイスしましょう。

 

できれば経験の豊富な専門医に診てもらう方が安心できますし、より効き目のある薬を処方してもらえますからね。

 

少しでもひどくなりそうなら経験の豊富な専門医にかかることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ニキビ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ニキビ治療薬ペピオゲルとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   ニキビは誰もが経験する身近な皮膚の疾患です。   若いころに発症することが多いので「青春の象徴」と呼ばれることもあります。   年齢が …

ニキビ治療に出されるミノマイシンとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   ニキビは誰もが経験する身近な皮膚の疾患です。   若いころに発症することが多いので「青春の象徴」と呼ばれることもあります。   年齢が …

ニキビ治療薬エピデュオゲルとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   ニキビは誰もが経験する身近な皮膚の疾患です。   若いころに発症することが多いので「青春の象徴」と呼ばれることもあります。   年齢が …

ニキビ治療薬ゼビアックスローションとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   ニキビは誰もが経験する身近な皮膚の疾患です。   若いころに発症することが多いので「青春の象徴」と呼ばれることもあります。   年齢が …

ニキビ治療に出されるビブラマイシンとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   ニキビは誰もが経験する身近な皮膚の疾患です。   若いころに発症することが多いので「青春の象徴」と呼ばれることもあります。   年齢が …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。