くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

遺尿症

遺尿症治療薬トフラニールとは 薬としての効果と副作用について

投稿日:

 

 

生まれてからある年齢まではおむつをしてますが、ある程度の年齢になるとおしっこのコントロールができるようになります。

 

なかには心理的な要因などでコントロールがままならないお子さんもいますね。

 

おねしょなどを改善するお薬もありますから、場合によってはお医者さんに相談するのもいいかもしれません。

 

遺尿症治療薬トフラニールとは 薬としての効果と副作用について紹介します。

 

スポンサーリンク

遺尿症治療薬トフラニールとは

 

日本では1959年7月に販売が開始されている遺尿症や夜尿症を改善する薬の1つである「トフラニール」。

 

ジェネリック医薬品は発売されていませんので、薬剤費は安くすることはできません。

(もともと安いお薬なので、ジェネリック医薬品になってもかわらないのだとおもわれます)

 

トフラニールの成分名はイミプラミン塩酸塩である。

(製造メーカー違いで先発品として同じものがイミドール糖衣錠として販売されています、扱いは同じです)

 

 

不随意(意識していない)に尿をもらすことを遺尿といいます。

 

排尿コントロールができる年齢が4歳以上であることから、4歳以上の遺尿が病的であるとされています。

 

遺尿症はおもらしを無意識に頻繁に起こす状態のことである。

 

遺尿症には、昼間の覚醒時にみられる遺尿を昼間遺尿症と、夜間の眠ったときにみられる夜間遺尿症があり、後者のことを夜尿症と呼びます。

 

尿をもらす原因が器質的な異常によるものは尿失禁で高齢者でよく起こるものです。

 

遺尿は神経系が機能し膀胱と脳の連携がうまくとれないとか、年齢相応の膀胱の大きさがない場合とかに起こります。

 

トフラニールは膀胱における抗コリン作用、尿道に作用するα刺激作用で膀胱の不随意(無意識)な運動を抑えたり、尿道のしまりをよくすることで、尿漏れを防ぎます。

 

 

 

禁忌

1)緑内障のある患者(緑内障が悪化するおそれがある)

 

2)三環系抗うつ薬に対し過敏症のある患者

 

3)心筋梗塞の回復初期の患者(心筋梗塞が悪化するおそれがある)

 

4)尿閉(前立腺疾患など)のある患者(症状が悪化するおそれがある)

 

5)モノアミン酸化酵素阻害剤(エフピー(セレギリン))を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者(血中のトリプタノールの濃度が上がる)

 

6)QT延長症候群のある患者(心室性不整脈を起こすおそれがある)

 

 

 

用法用量

遺尿症(昼・夜)

 

通常、幼児には1日に25mgを1回、学童は1日量25~50mgを1~2回で経口投与する。

ただし、年齢、症状により適宜減量する。

 

自殺念慮、自殺企図、敵意、攻撃性などの精神症状の発現リスクを考慮し、本剤の投与の適否を慎重に判断すること。

 

連用中は定期的に肝・腎機能検査及び血液検査を行うことが望ましい。

 

剤型は

錠剤

トフラニール錠10mg  9.6円/1錠(イミドール糖衣錠(10)も同じ)(1968年10月販売開始)

トフラニール錠25mg  9.9円/1錠(イミドール糖衣錠(25)も同じ)

 

 

 

慎重投与

排尿困難のある患者(症状が悪化するおそれがある)

 

眼内圧亢進のある患者(症状が悪化するおそれがある)

 

心不全・心筋梗塞・狭心症・不整脈(発作性頻拍・刺激伝導障害など)などの心疾患のある患者(症状が悪化するおそれがある)

 

甲状腺機能亢進症の患者(循環器系に影響を及ぼすことがある)

 

てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの既往歴のある患者(けいれんを起こすことがある)

 

躁うつ病患者(躁転、自殺企図があらわれることがある)

 

脳の器質障害または総合失調症の素因のある患者(精神症状を憎悪させることがある)

 

衝動性が高い併存障害を有する患者(精神症状を憎悪させることがある)

 

自殺念慮または自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者(自殺念慮、自殺企図があらわれることがある)

 

副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫など)のある患者(高血圧発作を引き起こすことがある)

 

重篤な肝・腎障害のある患者(副作用があらわれやすくなる)

 

低血圧のある患者(QT延長のリスクがある)

 

高度な慢性の便秘のある患者(症状が悪化することがある)

 

低カリウム血症のある患者(QT延長のリスクがある)

 

アーテン(トリヘキシフェニジル)、アトロピンなどとの併用で口渇、便秘、尿閉、視力障害、眠気などがあらわれることがある。

 

アドレナリンやノルアドレナリン、ネオシネジン(フェニレフリン)などとの併用でアドレナリン作動薬の作用が増強されることがある。

 

ストラテラ(アトモキセチン)との併用で相互に作用が増強するおそれがある。

 

チオペンタールなど(バルビルツール酸誘導体)、ハロタンなど(全身麻酔剤)、ソラナックスなど(アルプラゾラム(抗不安剤))、アルコール、サリドマイドとの併用で中枢神経抑制作用が増強されることがある。

 

ニューレプチル・ピーゼットシーなど(フェノチアジン系製剤)との併用で鎮静、抗コリン作用の増強があらわれることがある。

スポンサーリンク

 

パキシル(パロキセチン)、デプロメール(フルボキサミン)、トレドミン(ミルナシプラン)、リーマス(リチウム製剤)、トリプタノール(アミトリプチリン)・アナフラニール(クロミプラミン)など(三環系抗うつ剤)、トラマール(トラマゾール塩酸塩)、ザイボックス(リネゾリド)との併用でセロトニン症候群があらわれるおそれがある。

 

サラジェン(ピロカルピン塩酸塩)、サリグレン(セビメリン)との併用でこれらの薬剤の作用が減弱されることがある。

 

チオペンタールなど(バルビルツール酸誘導体)、アレビアチン(フェニトイン)、テグレトール(カルバマゼピン)、リファジン(リファンピシン)などとの併用でトフラニールの作用が減弱するおそれがある。

 

アレビアチン(フェニトイン)との併用でアレビアチンの作用が増強することがある。

 

キニジン、プロノン(プロパフェノン)、リタリン(メチルフェニデート)、タガメット(シメチジン)、ソフィアA・Cなど(黄体・卵胞ホルモン製剤)、レグパラ(シナカルセト)、インビラーゼ(サキナビル)との併用でトフラニールの作用が増強するおそれがある。

 

イスメリン(グアネチジン硫酸塩)との併用で降圧剤の作用を減弱することがある。

 

ラミシール(テルビナフィン)との併用でトフラニールの作用を増強することがある。

 

レクシヴァ(ホスアンプレナビル)との併用でレクシヴァの血中濃度が上昇する可能性がある。

 

インスリン、グリベンクラミド・グリクラジド(スルフォニル尿素系血糖降下剤)との併用で血糖降下作用が増強されることがある。

 

ワーファリン(ワルファリンカリウム)との併用で抗凝血作用を増強するおそれがある。

 

バクタ(スルファメトキサゾール・トリメトプリム )との併用で抑うつが再発または悪化することがある。

 

スーテント(スニチニブ)、スプリセル(ダサチニブ)、ルジオミール(マプロチリン)などと併用するとQT延長、心室性不整脈などを起こすおそれがある。

 

ミニリンメルト(デスモプレシン)との併用で低ナトリウム血症性の痙攣発作を起こすことがある。

 

エクセグラン(ゾニサミド)との併用で高血圧、失神、不全収縮、発汗、てんかん、動作・神経障害の変化及び筋強剛などの副作用があらわれることがある。

 

電気ショック療法との併用で痙攣状態に陥るおそれがある。

 

高齢者では、起立性低血圧、ふらつき、抗コリン作用による口渇、排尿困難、便秘、眼内圧亢進などがあらわれやすいので、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら、慎重に投与すること。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。

 

本剤投与中は授乳を中止させること。

 

小児に投与する場合には4歳以上に投与することが望ましい。(低出生体重児、新生児または乳児に対する使用経験がない)

 

長期投与によりう歯発現の増加を招くことが報告されている。

 

投与中にコンタクトレンズを使用している場合、角膜上皮の障害があらわれるおそれがある。(涙液減少の副作用による)

 

眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事させないこと。

 

薬としての効果

 

トフラニールは膀胱の不随意(無意識)な運動を抑えたり、尿道のしまりをよくすることで、尿漏れを防ぎます。

 

また、尿意による目覚めを改善する作用も持っているので夜尿症を起こしがちな子どもに使うのに適しています。

(心理的な要因にも作用して改善へと導くことが見込めます。)

(トフラニールは古くからある第一世代の三環系抗うつ薬で、時間がかかりますが作用は強めです。)

 

口渇など副作用が出やすい藥のようです。

 

副作用について

 

主な副作用としては、食欲不振(6.9%)、口渇(4.7%)、悪心(2.2%)である。

 

その他ではめまい・ふらつき・立ちくらみ、眠気、血圧降下、頻脈、不整脈、動悸、パーキンソン症状・振戦・アカシジアなどの錐体外路障害、運動失調、言語障害、知覚異常、幻覚、精神錯乱、攻撃的反応、激越、躁状態、不眠、不安、焦燥、排尿障害、視調節障害、鼻閉、発疹、そう痒感、嘔吐、下痢、便秘、味覚異常、体重増加、発汗、倦怠感、脱力感、頭痛、異常高熱、熱感、耳鳴りなどがあります。

 

重大な副作用では(滅多にないですが)

悪性症候群(急激な体温上昇や意識障害など)

セロトニン症候群(自律神経、中枢神経、末梢神経に影響が出る)

てんかん発作

無顆粒球症(発熱やだるさが出たりします)

麻痺性イレウス(便とガスがたまり腸管が拡張)

間質性肺炎、好酸球性肺炎(発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常など)

心不全

QT延長、心室頻拍

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(体内に水分がたまってしまう状態)

肝機能障害、黄疸

 

まとめ

 

トフラニールは膀胱の不随意(無意識)な運動を抑えたり、尿道のしまりをよくすることで、尿漏れを防ぎます。

 

また、尿意による目覚めを改善する作用も持っているので夜尿症を起こしがちな子どもに使うのに適しています。

 

口渇など副作用が出やすいお薬になりますから慎重に投与することになりそうです。

 

重い副作用はほとんどないですが、悪性症候群やセロトニン症候群、麻痺性イレウス、血液障害、重い不整脈などには注意しておきましょう。

 

飲み合わせの悪い薬が多いので、事前に服用していた薬について医師に伝えておくべきです。

 

トフラニールはジェネリック医薬品がありません、薬価が非常に安いので必要性はなさそうです。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-遺尿症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

遺尿症治療薬トリプタノールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生まれてからある年齢まではおむつをしてますが、ある程度の年齢になるとおしっこのコントロールができるようになります。   なかには心理的な要因など …

遺尿症治療薬プロ・バンサインとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生まれてからある年齢まではおむつをしてますが、ある程度の年齢になるとおしっこのコントロールができるようになります。   なかには心理的な要因など …

遺尿症治療薬アナフラニールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生まれてからある年齢まではおむつをしてますが、ある程度の年齢になるとおしっこのコントロールができるようになります。   なかには心理的な要因など …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。