くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

ノロウイルス

ノロウイルスに感染する人としないが人いるの? どうして?注意点は

投稿日:

 

 

食中毒の苦しみは耐えられないものなので、その時は誰もが二度となりたくないと思います。

 

冬場にカキを生で食べたことでも、食中毒になることがあり、生カキが好きな人にとっては、そういうリスクを冒してまでも、食べるのをやめられないほどなのかもしれませんが。

私はそれほど好きじゃないので、食べることはないです。

というか、昔、カキフライを食べておなかの具合が悪くなったことがあり。

それ以来、カキ自体を食べることはありません。

でも、中には、ノロウイルスに感染する人としない人がいることを聞きました。

ノロウイルスに感染する人としない人がいるのはどうしてなのかと注意点について紹介します。

 

スポンサーリンク

ノロウイルスに感染する人としないが人いるの?

 

いっしょに食事に行って、同じものを食べても、おなかが痛くなる人とそうならない人がいました。

 

思い返せば、そういうことはよくあったんじゃないでしょうか。

 

まあ、その時の食中毒がノロウイルスによるものだったのかはわかりませんが。

 

ウイルスを体の中に入れても大丈夫な人がいることを想像できそうですね。

 

どうして?

 

ノロウイルスに感染しない人がいるということですが、どうしてなんでしょう?

 

1つにはそれぞれの人の持っている免疫力の内容により違ってくることがあるでしょう。

ウイルスに対して保有している抗体の量や種類が違いますから、発症する人、発症せずに済む人がいます。

それぞれのウイルスに遭遇して接触したことが多いか少ないかで違ってくるのでしょう。

 

もう一つの側面として、それぞれのウイルスに対して、その人の腸管細胞が結合するかどうかで発症するかどうかが決まるということもあるのです。

ノロウイルスは口から入って、胃液では失活せずに、小腸の上皮細胞まで届き、そこに感染し増殖することで小腸に炎症を起こします。

スポンサーリンク

そして腹痛や下痢などを起こすことになります。

その小腸の上皮細胞にくっつくことができなければ、そこで感染も増殖もせずに、症状も出ません。

つまり、ウイルスに結合しない(反応しない)人はノロウイルスは腸管を通り過ぎるだけで、増殖しないので病気になりません。

 

いくつも仲間(遺伝子型)が存在するノロウイルス1つ1つに対し、結合する人しない人がいるので、

Aさんはノロウイルス1には結合しないけど、ノロウイルス2には結合する。

Bさんはノロウイルス1には結合するけど、ノロウイルス2には結合しないなどで、

人によりさまざまな状態になるようです。

 

同じウイルスが口から入って小腸まで侵入されても、感染する人しない人がいるのはこういうことだといわれています。

 

注意点について

 

同じウイルスを腸管内に持っていても、症状がでる人でない人がいるということは、

健康そうに見える人でも、ウイルスをおなかに持っていることがあるということですね。

 

発症期間が比較的短いノロウイルスでも、このようにおなかにウイルスを持っていても感染しない人がいるということを知っておいてください。

 

まあ、こんなことだと、周りにはウイルス保持者ばかりのように思ってしまいがちですが。

感染しない人は、腸内でノロウイルスをそれほど増殖させないだろうし、感染のリスクは少ないでしょう。

 

ただ、排便後の手洗い如何で、手にウイルスを少しだけど持っている可能性があります。

手からウイルスをいろんなところに広げる可能性があるということです。

 

その点を考え、毎日の手洗いとうがいをきっちりされることで対応してくださいね。

あなたももしかしたら、感染しない人の可能性もありますからね。

 

まとめ

 

ノロウイルスに感染する人としない人がいるのがわかりました。その人の免疫力が強いことや、ウイルスが腸管細胞にくっかないということで感染が成立しないようです。

 

人にはノロウイルスに強い人がいるようです。でも、それがすべての型のノロウイルスに同じように大丈夫なのかは人それぞれのようです。

 

感染せずにウイルスを保持している場合があり、ウイルスを少しは排出していることも想像できますから、自分は大丈夫だとしても手洗いなどはきっちりしておくべきでしょう。

特に流行期にはしっかりとね。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ノロウイルス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ノロウイルス食中毒の潜伏期間や症状は 出席停止はあるの 実際の対応は

  スポンサーリンク   秋から冬になるにつれて、インフルエンザとともにノロウイルスも活動を始めてきます。   早く治すには、他の感染症も含め、どんな症状の時はどの疾患な …

ノロウイルス食中毒は夏にもあるのか その理由と 予防について

  スポンサーリンク   夏場には食中毒が流行ることはあります。   暖かいゆえに細菌などが増殖しやすいのが原因でしょう。   でも冬季に流行るノロウイルスによ …

ノロウイルス食中毒の特効薬はあるの その理由と 治療について

    スポンサーリンク   10月をむかえるあたりから、ノロウイルスによる食中毒が流行りだします。   この時期、旬のおいしい牡蠣などの二枚貝を食べたいんだけ …

ノロウイルスは冬に流行する その理由とは 予防と対策について

  スポンサーリンク   秋も終盤になると気温が低くなり冬の足音が聞こえてきます。 すると、一部の感染症の季節がはじまります。 ノロウイルスによる感染性胃腸炎やインフルエンザは冬に …

ノロウイルスの対策について ワクチンの可能性は その他の予防法について

  スポンサーリンク   昔は、知られていなかったノロウイルスも今では冬場になると騒がれるようになりました。   以前、勤めていた病院でも、10月以降の冬場の対策には頭を …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。