くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

ノロウイルス

ノロウイルスの対策について ワクチンの可能性は その他の予防法について

投稿日:

 

 

昔は、知られていなかったノロウイルスも今では冬場になると騒がれるようになりました。

 

以前、勤めていた病院でも、10月以降の冬場の対策には頭を悩ませてました。

 

そんなノロウイルスの対策にも時間とともに新たな展開が望めそうです。

 

ノロウイルスの対策について ワクチンの可能性は その他の予防法について紹介します。

 

スポンサーリンク

ノロウイルスの対策について

 

消毒については、ノロウイルスは脂質の膜をもたないので、アルコールの効き目は限定的である。

 

一番効果的とされているのは次亜塩素酸ナトリウムであるが、使うところが限定される側面があります。

 

次亜塩素酸ナトリウムと言えば、家庭で使うものとしてハイターなどがありますね。

 

キッチンハイターなどはまな板を漂泊したりしているので、漂泊作用があるのはご存知ですね。

 

また、次亜塩素酸ナトリウムには金属を腐食する作用もあるので、濃度により注意が必要になります。

 

ノロウイルスへの効果のためには濃度を上げることが必要とされているので、じれったい話です。

 

なるべくなら高濃度ということなので、不確かなものを使うことになります。

 

漂泊作用や腐食作用があるので、もちろん人体には要注意です。

 

なので、効き目がそれほどない消毒用アルコールなどを使うことになります。

 

あとはせっけんなどで物理的にもこすりおとすよう働きかけます。

 

流水で洗い流すなどします。

 

 

つまりは、ノロウイルス対策では、

 

1)手洗いとしては、せっけんなどを使って流水で洗い落とした後で、消毒用エタノールで消毒する。

 

2)汚染が激しいとされるトイレには次亜塩素酸ナトリウム(1%)を使って消毒する。

スポンサーリンク

 

3)マスクを着用する。(口から侵入するので、確実とは言えないが少しは効果がある)

 

などが有効とされてきました。

 

最近の動向が少し変わってきたので以下で報告したい。

 

ワクチンの可能性は

 

以前よりワクチン作成のためにノロウイルスの増殖が必要とされていましたが、増殖する方法が見つからず、ワクチン開発には暗雲がたちこめていました。

 

そんななか、2016年に海外で、人間の小腸から採取した細胞を使ってノロウイルスを体外で増やすことに成功しています。

 

ただ、日本では倫理的な問題があるため腸の組織を人間からとることはできません。

 

そして、採取して行うやりかたでは、ある組成の胆汁を加えなけれならないので、詳細な情報を知らないと増殖はできない。

 

そこで大阪大微生物研究所の佐藤准教授らのチームが人のiPS細胞から作成した腸管上皮細胞で増殖させられることを発表しました。

 

iPS細胞から腸管上皮細胞へ分化させることが難しく、それを成し遂げたことが功績ですね。

 

分化を促す増殖因子や化合物の組み合わせを発見したようです。

 

このことでワクチン開発やウイルス検出キットの開発に期待がもてるようになりました。

 

今後の研究を見守りたいですね。

 

その他の予防法について

 

いろんなところで新しい研究がなされています。

 

北海積大学では、ある種の腸内細菌にはノロウイルスだけを吸着する作用があることから、ノロウイルスをまとめて補足する研究をしているし、

 

広島大学では、渋柿に含まれるタンニンにノロウイルスを固め、感染できない状態にしてくれることを解明し消毒薬として使うことを提案している。

 

また、乳製品に含まれるラクトフェリンはノロウイルスの予防効果があると言われている、毎日摂取している人とそうでない人では、摂取している人の感染率が3分の1だったとか。

 

今後日の目をあびるものが出てきそうですね。

 

期待しておきましょう。

 

まとめ

 

今後のノロウイルスの対策に明るい材料が出てきましたね。

 

ワクチンの開発やウイルス検査キットができれば、ノロウイルスの感染に神経質になっている患者さんに新たな希望が出てくるでしょう。

 

今後の推移を見守りましょう。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ノロウイルス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ノロウイルス食中毒の潜伏期間や症状は 出席停止はあるの 実際の対応は

  スポンサーリンク   秋から冬になるにつれて、インフルエンザとともにノロウイルスも活動を始めてきます。   早く治すには、他の感染症も含め、どんな症状の時はどの疾患な …

ノロウイルスは冬に流行する その理由とは 予防と対策について

  スポンサーリンク   秋も終盤になると気温が低くなり冬の足音が聞こえてきます。 すると、一部の感染症の季節がはじまります。 ノロウイルスによる感染性胃腸炎やインフルエンザは冬に …

ノロウイルス食中毒は夏にもあるのか その理由と 予防について

  スポンサーリンク   夏場には食中毒が流行ることはあります。   暖かいゆえに細菌などが増殖しやすいのが原因でしょう。   でも冬季に流行るノロウイルスによ …

ノロウイルスに感染する人としないが人いるの? どうして?注意点は

  スポンサーリンク   食中毒の苦しみは耐えられないものなので、その時は誰もが二度となりたくないと思います。   冬場にカキを生で食べたことでも、食中毒になることがあり …

ノロウイルス感染時の排泄物の感染力は その処理の仕方と準備について

    スポンサーリンク   ノロウイルスの発症は、突然の強烈な嘔吐から起こることが多く、対応に追われることになるようです。   嘔吐の他には下痢も起こりますか …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。