くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

インフルエンザ

高病原性鳥インフルエンザのワクチンが作りにくい なぜ?改善策は

投稿日:

 

 

今のワクチンはインフルエンザの予防には不向きということがいわれていますが、重症化を防ぐという意味では役に立っているという面もあります。

 

そんなインフルエンザワクチンですが鳥インフルエンザが出たときには作られず、

 

別の新型インフルエンザの時は作られたという事実がみなさんの中で疑問をもたらしているので

 

そのために、

 

なぜ、高病原性といわれるワクチンが作られなかったのかとそれを改善する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

高病原性鳥インフルエンザのワクチンが作りにくい

 

他のウイルス感染に対するワクチンでは、1つのウイルス株でワクチンが作られて数十年にわたり同じものが使われても、きちんと抗体をつくり防御効果を発揮しているものが多いのですが。

 

インフルエンザウイルスは人の免疫から逃れようと変異し進化していくものだといわれています。

また、インフルエンザウイルスというのは、ウイルスの変異が、連続変異、不連続変異と2パターンの変異の上に、種類も144種と多く、すぐ違う型(抗原性)になるので頻繁に新しいワクチンを作らなくてはならないのです。

 

頻度が多いうえに、現在のワクチン製造は基本的には人から分離されたウイルスのうちで、世界の情報などを参考にして次のシーズンに流行しそうな株を予測し、その予測に基づいて発育鶏卵で作られるのですが、人から分離されたウイルスが必ずしも卵で増えやすくて、ワクチン製造に向いているとはかぎらないのです。

スポンサーリンク

季節性インフルエンザのワクチンでさえです。

その上に、高病原性鳥インフルエンザワクチンの製造を妨げる理由ですが・・・

 

なぜ?

 

高病原性鳥インフルエンザウイルスのように病原性が高いウイルスは、そのままではワクチン製造に使う発育鶏卵そのものを殺してしまい、ワクチンが作れないこともあるからです。

 

ただでさえ、難しいワクチン製造に、卵を殺さない程度にという毒性を調整する作業が追加されるために、ちゃんと作れるかどうかがわからなくなり、二の足を踏んでしまうことになるのです。

 

もう一つの側面としては、鳥インフルエンザは、人間が鳥との接触を避けれさえすれば、人から人への感染がほとんど報告されていないので防げてしまうと踏んでいると思われます。

 

鳥からしか感染しないので、今のところは隔離が可能で、万が一鳥から感染しても人間の間で広がらないのです。

 

このようなことから、製造することを決めなかったと推測されます。

 

改善策は

 

高病原性鳥インフルエンザのワクチンを作るためには、あるところの病原性に関わる部分のアミノ酸配列を弱毒化して、卵を殺さないようにしたワクチン株を作るようです。

その分だけ手間が余分にかかるでしょう。手間がかかる上に作ったはなからウイルスが変異して次から使えなくなるなんて大変です。

人間を守るためにウイルスとワクチンの戦いが延々と続いていきます。

 

まとめ

高病原性鳥インフルエンザのときには作られず、それよりも弱い毒性の新型ワクチンのときにワクチンが作られた理由は、

製造過程に発育鶏卵を使っていることで毒性の強い鳥インフルエンザの場合は、その卵が死んでしまうことになるから、毒性を調整したウイルス株を作らねばならないという面倒なことをしなければならないことだったり。
高病原性鳥インフルエンザの場合は、今のところ、人から人への感染がほとんど報告されていないことにより、鳥との接触を防げば流行を起こす可能性が低いと判断されたこと。

などが理由と推測できます。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-インフルエンザ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

インフルエンザによるウイルス性肺炎とは その原因と 予防について

  スポンサーリンク     インフルエンザウイルスによる肺炎は重症になりやすいといわれています。 なので、そのような肺炎を予防するのが大事とされています。   …

インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」発売後の状況について、耐性や疑問点

  スポンサーリンク   1日1回で済むと期待されたインフルエンザの治療薬、イナビルは吸入なので、ちゃんと吸入できていない場合もあり、飲み薬が望まれていました。   そん …

リレンザの副作用とは それぞれの頻度はどれくらい 注意点について

  スポンサーリンク   インフルエンザの治療薬は、飲み薬はタミフル、吸入するお薬はリレンザやイナビル、注射薬はラピアクタというふうに、投与方法でラインナップがそろっています。 & …

隠れインフルエンザとは 感染の恐れと治療の必要性について

  スポンサーリンク   マスメディアで〔隠れインフル」という表現がされることがあるようです。   隠れという表現から症状が出ていないのかなと想像できます。   …

インフルエンザが冬に流行しやすい理由 その予防と治療について

  スポンサーリンク 寒くなると、そろそろインフルエンザに用心しなきゃと考える人は増えます。 それは、実際に流行してきているのを見ているから、そう考えるのであって、少し考えると、ふしぎなこと …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。