くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

脂質異常症

脂質異常症治療薬エパデールとは 薬としての効果と副作用について

投稿日:2017年11月10日 更新日:

 

 

生活習慣病の脂質異常症の治療において処方されることのあるエパデール。

 

トリグリセライド(TG)が高い場合には補助的に併用で処方されることがあります。

 

調剤薬局ではこの薬剤は中性脂肪(TG)が高い場合で追加とかでたまに調剤されています。

 

脂質異常症治療薬エパデールとは、薬としての効果と副作用について紹介します。

 

スポンサーリンク

脂質異常症治療薬エパデールとは

 

日本では1990年6月より販売されている、中性脂肪やコレステロールを下げるため使われる薬の1つである「エパデール」。

 

もう、すでにジェネリック医薬品が発売されていて、薬の負担を減らそうとするならジェネリック医薬品の選択が可能である。

 

エパデールの成分名はイコサペント酸である。

 

脂質異常症は血液中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪:TG)の数値異常がおこり、動脈硬化を早めたりするなど様々な病気を合併することになります。

 

コレステロールは小腸での吸収や肝臓での合成で作られ、全身に運ばれて性ホルモンへの合成などに使われることになります。

 

そして、余ったコレステロールは肝臓で胆汁酸に変えられて、胆管をとおして小腸に排泄され、90%以上が再吸収され残りが体外に出ていくことになります。

 

エパデールの有効成分はEPA(イコサペント酸)でイワシやサバなど青魚に含まれる不飽和脂肪酸と同様のものになります。

 

エパデールはトリグリセリド(TG)の腸管からの吸収抑制、肝臓での合成抑制及び分泌抑制、更には、血漿リポ蛋白リパーゼ(LPL)の活性亢進でTGを分解したりして主に中性脂肪(TG)の低下作用を示します。

 

エパデールには血をさらさらにする作用があり、脂質異常症以外に、閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛及び冷感の改善に対する効能があります。

 

 

 

禁忌

出血している患者(血友病、毛細血管脆弱症、消化管潰瘍、尿路出血、喀血、硝子体出血など)(エパデールの作用により止血が困難となるおそれがある)

 

 

 

用法用量

高脂血症

通常、成人にはイコサペント酸エチルとして1回900mgを1日2回または1回600mgを1日3回、食直後に経口投与する。

ただし、トリグリセリドの異常を呈する場合には、その程度により、1回900mg、1日3回まで増量できる。

 

本剤は空腹時に服用すると吸収率が良くないので食直後の服用になります。

スポンサーリンク

本剤は噛まずに服用することになります。

 

治療に際しては高脂血症治療の基本である食事療法、運動療法などを検討し、薬剤の使用が妥当である場合のみに使用します。

治療効果が認められない時には投与を中止すること。

 

 

 

慎重投与

 

月経期間中の患者

 

出血傾向のある患者

 

手術を予定している患者(出血を助長するおそれがある)

 

抗凝血剤(ワーファリン(ワルファリン))あるいは血小板凝集抑制剤(バイアスピリン(アスピリン)、インフリー(インドメタシン)、パナルジン(チクロピジン塩酸塩)、プレタール(シロスタゾール))を投与中の患者

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回る場合に投与すること。

 

授乳婦では投与を避けることが望ましい。

 

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない)

 

薬としての効果

 

エパデールの有効成分はEPA(イコサペント酸)でイワシやサバなど青魚に含まれる不飽和脂肪酸と同様のものになります。

 

エパデールはトリグリセリド(TG)の腸管からの吸収抑制、肝臓での合成抑制及び分泌抑制、更には、血漿リポ蛋白リパーゼ(LPL)の活性亢進でTGを分解したりして主に中性脂肪(TG)の低下作用を示します。

 

同種の薬剤でロトリガがありますが、基本的に作用に違いはないようです。

 

ロトリガはノルウェーで開発、エパデールは日本で開発されたのでエパデールの方が日本人のデーターがあるとのことです。

 

副作用について

 

主な副作用としては、発疹、そう痒感、貧血、悪心、腹部不快感、下痢、腹痛、胸やけ、GOT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、γ-GTP・LDH・ビリルビン上昇、CK上昇等である。

 

その他では皮下出血、血尿、歯肉出血、眼底出血、鼻出血、消化管出血、嘔吐、食用不振、便秘、口内炎、口渇、腹部膨満感、鼓腸、BUN・クレアチニンの上昇咳嗽、頭痛、頭重感、めまい、ふらつき、眠気、不眠、しびれ、関節痛、顔面潮紅、ほてり、発熱、動悸、浮腫、頻尿、尿酸上昇、全身倦怠感、血圧上昇などである。

 

重大な副作用は肝機能障害、黄疸(頻度不明)があります。

 

エパデールにはこれといって特有な副作用はないですが、下痢、便秘、腹痛などの胃腸症状が起こり得ます。

 

まとめ

 

生活習慣病でよくありがちな脂質異常症の治療で、中性脂肪の値を下げたいとかになった場合にはエパデールが使われることがあります。

 

副作用は少ない方ですが、腹部不快感や吐き気、悪心などの胃腸症状がでるかもしれません、まれに、吐き気や発熱、皮膚や白目が黄色くなるといった肝臓関連の副作用や鼻血などの出血傾向がみられる場合は医療機関を受診するようにしてください。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-脂質異常症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

脂質異常症治療薬リバロとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生活習慣病の脂質異常症の治療において中心的な役割を担っているスタチン系の薬剤。   LDLコレステロールが高い場合にはまず処方されることになりま …

脂質異常症治療薬リピトールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク     生活習慣病の脂質異常症の治療において中心的な役割を担っているスタチン系の薬剤。   LDLコレステロールが高い場合にはまず処方され …

脂質異常症のメカニズムとは 食事についてと注意すべきことについて

  スポンサーリンク   生活習慣病の1つである脂質異常症はどうして起こるのでしょう。   そのメカニズムはどのようなもので、食事をどうしたらいいのか、また注意点はどうな …

脂質異常症治療薬クレストールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生活習慣病の脂質異常症の治療において中心的な役割を担っているスタチン系の薬剤。   LDLコレステロールが高い場合にはまず処方されることになりま …

脂質異常症治療薬ゼチーアとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   生活習慣病の脂質異常症の治療においてスタチン系の薬剤に追加で出されることもあるゼチーア。   コレステロールが高い場合には単独か併用で処方される …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。