くすりのサイト

くすりのことなどについて書いています。

帯状疱疹

帯状疱疹は早期治療が重要 その見極め方と 注意すべき点について

投稿日:

 

 

調剤薬局で服薬指導をしていると、時々、帯状疱疹後神経痛に悩まされている患者さんに出くわすことがあります。

 

その患者さんは、まさか帯状疱疹なんかとは思わなかった、どのお医者さんも教えてくれなかったと悔やんでいます。

 

あの時皮膚科をまっさきに受診していれば、こんなに後々苦しむこともなかったとおっしゃってました。

 

帯状疱疹は早期治療が重要、その見極め方と注意すべき点について紹介します。

 

スポンサーリンク

帯状疱疹は早期治療が重要

 

子どもの頃にかかった水疱瘡(水痘)のあとで、水痘・帯状疱疹ウイルスが神経節の中に潜んでしまい、免疫力が強いうちは隠れて出てこないが、免疫が弱ることになると神経の中を通って皮疹や痛みやかゆみの症状の広がりをみせることがあります。

 

全てがそうだというわけではないのですが、帯状疱疹であることを気づくのが遅れると、ひどい痛みが続いたり、治りが遅れたりするので注意が必要になります。

 

なんらかの原因で免疫力が弱まり、水痘・帯状疱疹ウイルスが活発になって神経の中で暴れると、神経が障害され、水痘・帯状疱疹ウイルスの活動が弱って神経節などに隠れてしまっても、さも神経の中で暴れているかのごとくに強い痛みを継続することがあります。

スポンサーリンク

 

その見極め方

 

皮疹が出てくる前に、痛みが出ると、部位によって脳外科(くも膜下出血など)、眼科(緑内障など)、耳鼻科(中耳炎など)、整形外科(腰痛・関節痛・肋間神経痛など)、内科(狭心症、胃潰瘍、腹痛など)と皮膚科以外の科に受診してしまうことになり、帯状疱疹とわからず時間だけが過ぎてしまうことがあります。

 

そうなれば、専門外の医師が帯状疱疹と気が付かずに別の病名をつけて、治らないまま治療を続けてしまうことになります。

 

もし、帯状疱疹と疑って皮膚科を受診していれば、早期治療ができて軽症で済んだり、治療の長期化を防げたりするかもしれない。

 

そのためには、患者自身が子供の頃に水疱瘡(水痘)になったことがあるか否かを知った上で、あとあと大変になるという意味で、用心してチェックすることが必要になります。

 

痛みやかゆみが出たときに、まず疑ってみる、とりあえず帯状疱疹でないことを確認しておく方が良いでしょう。

 

帯状疱疹でないと打ち消した後で、それぞれの部位の専門医に診てもらう方が、あとあと悩むことがなくなると思います。

 

注意すべき点について

 

帯状疱疹を発症したなら、早期に抗ウイルス薬を投与することで、ウイルスの活動を弱め神経障害を如何に軽度で抑えるかにかかっています。

 

そうしないと、帯状疱疹後神経痛がひどくなり、治るまで時間がかかったりひどいときは一生痛み続けることになります。

 

水痘・帯状疱疹ウイルスが原因であることがわかった場合は、如何に早く抗ウイルス薬の治療に入れるかを注意したいですね。

 

まとめ

 

うっかり帯状疱疹と気づかずに治療が遅れると、もう治らないとお医者さんに言われて苦しみを背負うことになるかもしれない。

 

そうならないように、まずは帯状疱疹でないことを見極めた後に他の病気を疑うようにしましょう。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-帯状疱疹

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

単純疱疹と帯状疱疹の違い 原因ウイルスや症状について

  スポンサーリンク   単純疱疹と帯状疱疹は初期症状では見分けがつかないときがあります。   どちらであるかを判断するのが難しいと、治療の仕方やあとあとの後遺症などを考 …

帯状疱疹の痛みに使うトリプタノールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   あの痛みを伴う帯状疱疹にかかるのは免疫力が弱っている人になります。   帯状疱疹が進行すると神経障害性の疼痛が出てくるようになります。 &nbs …

帯状疱疹のワクチンとは 大人でも打てるの 副作用はどうなの

  スポンサーリンク   小さいころに水痘にかかった人の中で、治療した後に疲れやストレスなどで免疫力が低下したときに発症することがある帯状疱疹。   その帯状疱疹にかから …

帯状疱疹治療薬ゾビラックス点滴静注用とは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   あの痛みを伴う帯状疱疹にかかるのは免疫力が弱っている人になります。   年齢には関係なく、無理をするなどして免疫力が低下した時にかかることになり …

帯状疱疹の痛みに使うメキシチールとは 薬としての効果と副作用について

  スポンサーリンク   あの痛みを伴う帯状疱疹にかかるのは免疫力が弱っている人になります。   帯状疱疹が進行すると神経障害性の疼痛が出てくるようになります。 &nbs …

病院や調剤薬局で勤務経験豊富な薬剤師の目線から情報を提供していきます。